データの作り方

Adobe Illustratorのデータ

  • CS4までの形式で保存してください。
  •  
  • PDF形式でも構いません。
  •  
  • 文字はアウトライン化をお願いいたします。
  •  
  • 画像貼り付けしている場合は、出来るだけ元の画像もご用意下さい。

画像のデータ

画像の種類・形式は問いませんが、 原寸で200~350dpi程度の解像度でお願いします。

以下は、そのまま印刷に使用できないデータの例です。

Exel、Word、Powerpointなどで作成された原稿
これらのソフトは、文字データを図形に変換する機能(Illustratorであればアウトライン化)がありません。
印刷までの工程に関わる全てのマシンで共通のフォントがインストールされていないと、書体が置き換わってしまいます。どうしてもこれらで制作したデータを印刷に使用したい場合は、何らかの方法で画像にしてください。
画像データについての要件は上記をご覧下さい。

作り方の例

白磁切立マグカップ使用ソフトIllustratorCS4
商品白磁切立マグカップ
サイズ(約)高さ90mm、直径78mm、持ち手を含んだ幅107mm
印刷可能範囲ワンポイント印刷・横70×縦80mm以内
フルラップ印刷・横220×縦80mm以内

フォーマットデータを利用して作ります。

 
今回はフルラップ印刷のレイアウトをしてみます。
商品ページからフォーマットデータをダウンロードします。データダウンロードのページからも入手できます。
データ作成説明画像

データを開き、レイアウトします。

 
ダウンロードしたデータをIllustratorで開きます。今回使用しないワンポイント印刷のフォーマットを削除します。
データ作成説明画像
新規レイヤーを一番上に追加します。
データ作成説明画像
フォーマットデータのある下側のレイヤーは、ここでロックした方が作業がしやすいでしょう。
データ作成説明画像

レイアウトを始めます。

 
フルラップ印刷は、取っ手を除く外周です。取っ手を右手で持った場合正面に来る方を通常は表(メイン)側として扱います。逆に設定すると、対面にいる人に表(メイン)側が向くようになります。企画によってはこちらの方が有効でしょう。
表(メイン)側にロゴマークを配置します。
データ作成説明画像
反対面には文字を入力していきます。
データ作成説明画像

特色を設定します。

 
マークの色をDICカラーから設定してみます。スウォッチライブラリ→カラーブック→DICカラーガイド、のウインドを出します。
データ作成説明画像
マークの色にDIC8を使用してみます。
データ作成説明画像

レイアウトを調整します。

 
マグカップの形状を考えて、レイアウトを僅かに変形させます。円筒形のこの商品の場合は少しだけ横長に制作すると、できあがったときに意図に近い仕上がりになります。
データ作成説明画像

フォントのアウトライン化をしてレイアウトの完成です。

 
文字入力をした場合は、最後に必ずフォントのアウトライン化をして下さい。
データ作成説明画像

商品写真に合成してみます。

 
上記の工程まででデータは完成していて、合成画像は弊社でお作りしますので、ここからは特に必要はありません。
フォーマットデータに配置している写真は、ほぼ原寸にしてありますので、完成したデータをコピーして立体的に湾曲させ合成します。
データ作成説明画像
コピーしたデータを選択し「透明」の設定を「乗算」にすると、写真の印影が投影されてリアルです。
データ作成説明画像



  • 営業日カレンダー
  • 名入れ陶磁器の印刷についてわかりやすくご紹介します。
    どんな印刷を依頼するか、確実に伝わる原稿の用意をお教えします。
    Adobe Illustratorでのデータ作成の方法を、説明しています。
    FAX注文書注文書のダウンロード
    カンタン&24時間注文対応
    fax:050-3737-3044

    夜間の電話対応します
    夜間の電話対応いたします。
    受付日の22時より23時まで、弊社よりお客様のお電話番号宛てご連絡差し上げます。
    御希望の方は、下のボタンよりご予約ください。
    クービック予約システムから予約する
-->